ビーレジェンドのプロテイン全種類を1年半かけて飲んだ自分がレビューする

シェアする

皆さん、プロテイン飲んでますか?

筋トレしているのにもしプロテインを飲んでない人がいるのならば、それは非常にもったいないです。

理想の体に近づくには、トレーニング+栄養(プロテイン)が非常に重要になってきます。

ただ、プロテインにも種類がたくさん存在しており、その中からどのプロテインを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そんな方には、今回ご紹介するビーレジェンドのプロテインを私はオススメします。

ビーレジェンドのプロテインをオススメする理由としては、

  • 安い
  • 美味い
  • 高品質

という、おおよそプロテインに求められる要素を高い水準で満たしているからです。

そしてビーレジェンドのプロテインはその味の種類も非常に豊富で「どの味を買えばいいのか分からない」という方も多い事でしょう。

なので今回は、1年半かけてビーレジェンドのプロテイン18種類を各種1kg全て飲み干した自分が、それぞれのフレーバーについてのレビューも書いておりますのでそちらもどうぞ参考にして下さい。

この記事の目次

ビーレジェンドのプロテインとは

まずはビーレジェンドのプロテインがどのようなものなのかについて説明していきます。

ビーレジェンドは株式会社リアルスタイルが開発したプロテインシリーズになりまして、プロテインメーカーとしてはわりと後発の部類に位置します。

詳しい開発経緯やその特徴は自社のLP内で詳しく紹介しているので、興味がある方はそちらをご覧ください。

https://belegend.jp/

怪しさ満点のサイトですが、商品自体は本物です。

国産プロテインの中では非常に安い

私がビーレジェンドのプロテインをオススメする一番の理由がこれです。

とにかく安い

これに尽きるといってもいいでしょう。

公式サイトで購入出来る一番低価格な商品だと「ナチュラルフレーバー 1kg:2,600円」という破格の値段です。

もちろん安いからといって決して低品質という訳ではありません。

アミノ酸スコアは勿論100ですし、タンパク質含有量も約75%とそこまで悪い数字ではありません。

↓アミノ酸スコアについては下記記事参照↓
https://kashiro-kona.net/post-28/

タンパク質1gあたりに価格を換算すると、1gあたり約3.5円という驚愕のコスパの良さです。

この数値がどれだけすごいのか、同じ国内メーカーでおそらくもっとも一般になじみが深いであろう某SA○ASのプロテインを例に挙げてみましょう。

こちらのメーカーの同じホエイプロテインシリーズでいうと、定価が6000円で、タンパク含有量が71%になります。

タンパク質1gあたりの価格でいうと約8円となり、ビーレジェンドプロテインの倍近くの価格であることが分かります。

18種類のレギュラーフレーバーが存在

品質・値段ときたら次に重要なのがやはりです。

今はコンビニでも手軽にプロテインが買えるようになったのでそれほどではないかもしれませんが、昔は「プロテイン=マズイ」というのが常識でした。

薬のようなイメージを持っている人もいるので、そんな先入観が影響しているのかもしれませんね(実際昔はクソマズいプロテインが多く存在していたそうですが)。

ですが先述の通り、ビーレジェンドプロテインは非常に美味しく飲みやすいです。

そしてその味の一番の特徴が18種類にもおよぶレギュラーフレーバーの存在です。

2019年6月現在で18種類もの味が存在しており、その中から自分の好みの味を探すことも可能です。

しかもそのフレーバーの名前がいちいち特徴的でちょっと面白い。

例えば王道のチョコレート味は「激うまチョコ風味」だし、バナナ味だと「そんなバナナ風味」となります。

まあ若干すべってる感はありますが、そこも開発者の心意気、遊び心の一つなんだなと私は解釈しています。

ビーレジェンドプロテインお試しセット

そしてそんなに数多くのフレーバーを出しているので、当然購入を検討しているユーザーはどの味を選べばいいのか迷う事が予想されます。

だからこそ公式でも「ビーレジェンドプロテインお試しセット」という1食分(29g)だけ入っている13種類分のセット商品も販売しています。

もちろん、各フレーバーの単品からも購入出来るのですが、結論から言ってこのお試し商品はオススメしません。

オススメしない理由

なぜなら、入っている量が少ないからです。

コスパうんぬんの話ではなく、この程度の量では自分に合っているかどうかが判断出来ないからです。

実際私も最初はこの「お試し13種セット」を購入し、そこで気に入った「りんご味」のフレーバーの1kg分を購入しました。

が、それが失敗でした。詳しくは後述の各商品レビューでまた記載します。

何故そのようなことが起きたのかというと、実際に常飲する際はもっと多くのプロテインパウダーを使用するからです。

ビーレジェンドプロテインは少し濃いめが一番美味い

ビーレジェンドプロテインの商品の裏には、「お召し上がり方」が当然記載されています。

そこには要約すると「29gを150ml~300mlの水に溶かして飲んで下さい」と書いてあります。

ですが、1年半かけて様々なフレーバーを飲む中で「約50gを300mlの水に溶かす」のが一番美味しい飲み方であると私は発見しました。

それにこの方が一回あたりに摂取するたんぱく質の量も増えるので、より効率が良くなります。

実際、書いてある分量通りに作ると、若干味が薄く感じます。

なので1食分(29g)をそのまま200mlの水に溶かして飲むと、十分に味のポテンシャルが発揮されていないものを飲むことになってしまうのです。

毎日飲むと印象が変わってくる

そして次に問題になるのがこの点です。

お試しセットは一回でおしまいですが、1kgのレギュラーサイズを購入した場合どんなに短くとも2~3週間は同じ味のフレーバーを飲み続ける事になります。

そうなってくると、同じ味でも印象が変わってくる事もしばしばあります。

その日の体調によっても左右されますし、飽きやすい味とそうでない味というのもあるのだと思います。

とまあこれらの理由から私はお試しセットはあまりオススメしません。

コンセプトとしては非常に良いと思うんですけどね。

ビーレジェンドプロテイン全種類レビュー

さて、これらを踏まえてようやく本題である各種フレーバーのレビューに移ります。

レビューのポイントは、

  • オススメ度(総合評価)
  • 甘味
  • 酸味
  • 常飲性(飲み続けやすいかどうか)

の4点をそれぞれ5段階で評価しています。

正直、どうしても私の主観や好みも含まれてしまうので「甘味」「酸味」の部分で、自分に合うかどうかを判断するのが一番かもしれません。

ナチュラル:オススメ度「★★★☆☆」

  • オススメ度:★★★☆☆
  • 甘味:★★☆☆☆
  • 酸味:☆☆☆☆☆
  • 常飲性:★★★★☆

まずは基本となる「ナチュラル」からです。

味のイメージは「めっちゃ味の薄いミルク」といった感じ。

その名の通りナチュラルなホエイプロテインの味がするので、癖もなく飲みやすいとは言えます。

ただ逆をいうと「美味くもマズくもない」という事なので、作業としてプロテインを摂取したいという人以外は微妙かもしれません。

ただ、価格は他のフレーバーよりも500円ほど安く、コスパは最高なのでオススメ度は星3にしてあります。

味だけの評価なら星1~2といったところでしょうか。

激うまチョコ風味:オススメ度「★★★☆☆」

  • オススメ度:★★★☆☆
  • 甘味:★★★☆☆
  • 酸味:☆☆☆☆☆
  • 常飲性:★★★★★

他社のプロテインでもよくある「チョコ味」のフレーバー。

ナチュラルと若干被りますが、その味は「めっちゃ薄いココア」という表現がぴったりです。

私はチョコ味のプロテインは海外製のものが好きなので、それをイメージしてこのフレーバーを飲んだので正直がっかり感がすごかったです。

ただし、マズい訳では決してなく、むしろ甘いものが苦手な人にはちょうどいいくらいの甘さだと思います。

その為常飲性は抜群で、私も困ったときはこれをいつも飲んでました。

ベリベリベリー風味:オススメ度「★★★☆☆」

  • オススメ度:★★★☆☆
  • 甘味:★☆☆☆☆
  • 酸味:★★★★★
  • 常飲性:★★★★☆

国産のプロテインでは少ない、酸味強めのフレーバーその①になります。

ベリー風味という事ですが「甘味少なめ・酸味強め」となっており、甘い味をイメージされると全然違ってきます。

本当にベリー系の酸味が強調されており、トレーニング後などには丁度いいかもしれません。

若干ダマになりやすいところと、全体的に酸味が強く味のバランスが欠けているのでオススメ度はそこまで高くありませんが、酸っぱい味が好みの方にはオススメ出来ます。

そんなバナナ風味:オススメ度「★★★★☆」

  • オススメ度:★★★★☆
  • 甘味:★★★★☆
  • 酸味:☆☆☆☆☆
  • 常飲性:★★★★☆

こちらのバナナ味はまさに「ミルクで溶かしたバナナジュース」といった感じで、再現度はかなり高いです。

ただ、本物のバナナジュースほど濃厚ではなく、さらっとした後味が特徴です。

甘い味のプロテインが欲しい人は必ず選択肢に入れるべきだと思います。

それと、このバナナ味が真価を発揮するのは水に溶かして飲む以外の使い方をする際です。

具体的には、プレーンヨーグルトに入れて食べたり、お菓子作りの際に利用したりなど。

「ダイエット中だけどお菓子が食べたい」 減量・ダイエット中に突如そのような甘い衝動駆られることが誰しもある筈です。 かといって、...

甘味の強さがちょうどよく、他の色々な食べ物にも合わせやすいです。

プロテインを常飲している人間だからこその観点かもしれませんが。

情熱のパッションフルーツ風味:オススメ度「★★★☆☆」

  • オススメ度:★★★☆☆
  • 甘味:★★☆☆☆
  • 酸味:★★★★☆
  • 常飲性:★★★☆☆

酸味強めのフレーバーその②になります。

こちらはベリー味よりも甘味が強いのが特徴ですね。

あと少しトロッとしています。

パッションフルーツ味というのが私自身うまく想像出来ていないので再現度はよく分かりませんが「マンゴーよりも酸味が強く」「マンゴーほど甘くない味」といった感じです。

あまりプロテイン独特のミルク感を感じないので、酸っぱい味が好みで牛乳の味が苦手な人にはオススメですね。

初恋のいちご風味:オススメ度「★★☆☆☆」

  • オススメ度:★★☆☆☆
  • 甘味:★★★☆☆
  • 酸味:★★☆☆☆
  • 常飲性:★☆☆☆☆

名前から受ける印象として「イチゴみるく味」をイメージされる人が多いと思います。

私自身もそうでしたが、実際は「イチゴ強めのイチゴみるく」という印象の味です。

しかも「イチゴの酸味が強調されている」せいで、味のバランスが悪くなってしまっています。

個人的にはもっと甘味を強くしてくれた方が逆に飲みやすくてよかったと思うのですが、

「甘いプロテイン派」と「酸っぱいプロテイン派」のどちらにもオススメ出来ない中途半端な味になってしまっています。

どちらかと言えば酸っぱい派寄りだと思うので、甘さを求めている人は買わない方が無難です。

すっきリンゴ風味:オススメ度「★☆☆☆☆」

  • オススメ度:★☆☆☆☆
  • 甘味:★★★★☆
  • 酸味:★☆☆☆☆
  • 常飲性:★☆☆☆☆

個人的にワースト3に入るフレーバーです。

ただ、お試しセットで飲んだ時は「結構好きな味だな」という印象を受けたのも事実です。

その味は「リンゴ+ミルク」という感じで、フルーツ感たっぷりの味という訳ではありません。

しかし、このりんご部分が酷い。

初回は分からなかったのですが、常飲していると酷く「人工的な味だな」という印象が強まってきます。

他のフレーバー以上に嘘っぽいリンゴ味が凄いのです。

それと飲み終えたあと口の中に若干の酸味が残るのですが、それと同時にリンゴ特有の渋みも強調されており、後味も最悪です。

好みもあると思いますが、私はあまりオススメしないフレーバーですね。

めろめろメロン風味:オススメ度「★☆☆☆☆」

  • オススメ度:★☆☆☆☆
  • 甘味:★★★☆☆
  • 酸味:★☆☆☆☆
  • 常飲性:★☆☆☆☆

ワースト3フレーバーその②です。

味は「メロンミルク味」という表現がぴったりです。

これも、最初の1杯は比較的美味しくいただけました。

ただ同じく、常飲しているとその味の癖に気づくことになります。

一言でいうと再現性が高すぎるのです。

メロン味の再現度は非常に高く、その点は私も高く評価しているのですが、再現性が高すぎるが故に、その「瓜臭さ」までも再現してしまっているのです。

ずっと飲んでいると甘味の裏に潜む「瓜臭さ」に気づいて来て、気になるとその部分がどんどん強調されていくような錯覚に陥ります。

体調的に甘味を感じにくい日なんかもう最悪です。

そういう意味で常飲性には乏しいため、オススメ度は低く設定してあります。

南国パイン風味:オススメ度「★★★☆☆」

  • オススメ度:★★★☆☆
  • 甘味:★★☆☆☆
  • 酸味:★★★☆☆
  • 常飲性:★★★☆☆

可もなく不可もない味です。どちらかというと酸味強めのフレーバーになりますが、酸っぱさを求めていると微妙かもしれません。

パイン風味のミルク」という表現が近く、決して不味くはないですが、そこまで美味しくもないです。

パイン味の再現度は例によって高いので、パイン味が好きな人は買っても良いと思います。

正直、あまり印象に残ってないです。また買いなおしてレビューするかもしれません。

キャラメル珈琲風味:オススメ度「★★★☆☆」

  • オススメ度:★★★☆☆
  • 甘味:★★★★☆
  • 酸味:☆☆☆☆☆
  • 常飲性:★★★★☆

こちらはプロテインとしてはかなり珍しい、苦みを感じるフレーバーになります。

キャラメル珈琲という表現に嘘偽りはなく、まさに「キャラメル+珈琲」といった味をしています。

どちらかと言えばキャラメルが強めなので、甘味を強く感じますね。

そういう意味では珈琲部分を期待していた人にはがっかりかもしれません。

水以外にも牛乳で割ったりブラックコーヒーで割ったりもしてみましたが、結局普通に水で飲むのが一番でした。

ぴちぴちハッピーチ風味:オススメ度「★★★☆☆」

  • オススメ度:★★★☆☆
  • 甘味:★★★☆☆
  • 酸味:★★☆☆☆
  • 常飲性:★★★☆☆

可もなく不可もない味その②です。

丁度同じ評価のパイン味とは対極で、こちらはどちらかというと甘味強めのフレーバーです。

ただ同様に、決して不味くはないのですが甘味を求めるとがっかりするので、実にどっちつかずなフレーバーとも言えます。

これもあまり印象に残ってないので、またいずれレビューし直します。

一杯飲んどコーラ風味:オススメ度「★★★★★」

  • オススメ度:★★★★★
  • 甘味:★★★☆☆
  • 酸味:★★☆☆☆
  • 常飲性:★★★★★

これは超オススメです

コーラ味という超変わり種でありながら、めちゃくちゃ飲みやすいです。

味は駄菓子屋で売ってある粉末のコーラに近く、加えて若干ミルクの甘味がプラスされた印象です。

しかも炭酸を再現するために炭酸ナトリウムが含まれているので、水に溶かして飲むとしゅわしゅわした食感を感じる事が出来ます。

味もさることながらオススメする理由が他にもあって、それは他サプリメントの味を打ち消してくれることにあります。

私はノンフレーバーのクレアチンとグルタミンを摂取するときは、プロテインパウダーと一緒に溶かして飲んでいるのですが、他のプロテインだとどうしても苦みやえぐみが強調されてしまい、ありていにいってクソ不味くなってしまうのです。

しかしこのコーラ味は先述の通り炭酸ナトリウムを含んでいる為か、他のノンフレーバーのサプリメントを加えても味が全く壊れないのです。

そういう意味でも非常に重宝しているので、自身を持ってお勧めするフレーバーの1つです。

抹茶のチャチャチャ風味:オススメ度「★★☆☆☆」

  • オススメ度:★★☆☆☆
  • 甘味:★★★☆☆
  • 酸味:☆☆☆☆☆
  • 常飲性:★★★☆☆

こちらもプロテインとしては変わり種な、苦みを感じるフレーバーの1つになります。

その味を表現すると「めっちゃ薄い抹茶ラテ」です。

玉露入りという事で確かに苦みをしっかりと感じられるのですが、どちらかというと甘味が強いです。

不味くはありませんが、逆にいうとこの味を選ぶ理由もあまりないです。

飲みやすさでいうとキャラメル珈琲の方が美味しいですし、甘い味が良いならほかのフレーバーを選択します。

そういう意味でもちょっと中途半端なフレーバーかなという印象です。

熊本みかん風味:オススメ度「★★★☆☆」

  • オススメ度:★★★☆☆
  • 甘味:☆☆☆☆☆
  • 酸味:★★★★★
  • 常飲性:★★★★☆

コラボプロテインの1つ。パッケージにはくまもんがプリントされています。

そして酸味強めのフレーバーその③であり、キングオブ酸っぱいプロテインです。

ビーレジェンドプロテインの中では一番酸っぱいフレーバーになりますね。

その味はまさに「みかん」であり、オレンジなどの他の柑橘系のフレーバーではなく、飲んだら「あ、みかんだ」と思えるだけの再現度のあるフレーバーです。

オススメ度は星3としてありますが「とにかく酸っぱいプロテインが良い」という人には星5レベルでオススメ出来ます。

甘味も多少は感じられますが、とにかくみかんの酸味を強く感じられるので、酸っぱいプロテインをお探しの方は迷わずこちらを購入して下さい。

ミルキー風味:オススメ度「★★★★★」

  • オススメ度:★★★★★
  • 甘味:★★★★★
  • 酸味:☆☆☆☆☆
  • 常飲性:★★★★☆

こちらもコラボプロテインの1つになります。

そしてキングオブ甘いプロテインです。

味は「あ、ミルキーだ」というくらいのパーフェクトな再現度

もうミルキー味としか表現出来ないくらい甘くて美味しいです。

減量中にはこのミルキー風味のプロテインを飲むのが唯一の楽しみというくらい、私自身は重宝しています。

本当にデザート感覚で飲めるので、ダイエット中の方には特にオススメです。

初めて飲んだ時はその美味しさと再現度に感動すら覚えました

ミルキーココア風味:オススメ度「★★★★☆」

  • オススメ度:★★★★☆
  • 甘味:★★★★☆
  • 酸味:☆☆☆☆☆
  • 常飲性:★★★★☆

ミルキー風味をベースにした、ココア味のフレーバーです。

通常のチョコ味よりは甘くて美味しいです。

ただ、ミルキー風味の完成度が非常に高いので、それと比べるとどうしても見劣りしてしまいます。

単品としては十分甘くて美味しいのでオススメ出来ますが、こちらを選ぶくらいなら私は通常のミルキー風味を選びますね。

ただ、通常の半分の500gでミルキー風味とミルキーココア風味がセットになってある商品も存在するので、味変もかねてそちらを購入するというのは十分選択肢としてアリです。

波動拳風味:オススメ度「★★★★☆」

  • オススメ度:★★★★☆
  • 甘味:★★☆☆☆
  • 酸味:★☆☆☆☆
  • 常飲性:★★★★☆

こちらはゲーム「ストリートファイターV」とのコラボ商品となっています。

パッケージにはメインキャラクターのリュウが描かれており、リュウの必殺技の一つでもある「波動拳」をイメージしたフレーバーです。

ただ「波動拳風味とはなんだ?」と多くの人が疑問に思ったでしょう。

私もその一人でしたが、どんな味かというと「ラムネ風味」のフレーバーとなります。

若干ミルク感をプラスした炭酸のないラムネ」という表現が一番近しいと思います。

こちらも非常に飲みやすく仕上がっており、次に紹介するラストのコラボ商品を含めて「コラボに外れなし」という方程式が私の中では出来上がっています。

ジュース感覚で飲めるので、オススメの1つです。

かめはめ波風味:オススメ度「★★★★★」

  • オススメ度:★★★★★
  • 甘味:★☆☆☆☆
  • 酸味:★★☆☆☆
  • 常飲性:★★★★★

ラストを飾るのはドラゴンボールとのコラボ商品であるこちらのフレーバー。

主人公孫悟空の必殺技である「かめはめ波風味」となっておりますが、これは「エナジードリンク」の味を再現したものとなっています。

一番近いのは「ドデカミン」でしょうか。

デカビタではなく、ドデカミンです。

酸味と甘みのバランスが非常によく、エナジードリンクの味も高く再現されているので常飲性はかなり高いです。

発売されてから真っ先に購入して以来、常にストックしてあるほどハマってます。

エナジードリンクの味が苦手な人以外にはオススメ出来るフレーバーですね。

総評

さいごにいくつかのジャンルに分けてランキング形式で紹介していきます。

全てを見るのが面倒な人はこちらを参考にして下さい。

甘いプロテインランキング

  1. ミルキー風味
  2. ミルキーココア風味
  3. そんなバナナ風味

ミルキーシリーズが1,2フィニッシュです。

それくらい別格です。後発シリーズの方が味の完成度が高い気がします。

取りあえずミルキーを買っておけば外れはありません。

酸っぱいプロテインランキング

  1. 熊本みかん風味
  2. ベリベリベリ―風味
  3. 情熱のパッションフルーツ風味

上に行くほど酸っぱいと思って下さい。

それ以外は好みですね。

どれもまずくはないので、自分が普通に好きなフレーバーを購入しても良いと思います。

総合ランキング

  1. 一杯飲んどコーラ風味
  2. かめはめ波風味
  3. ミルキー風味

総合オススメランキングであり、私が常に常備してある3種類になります。

その日の気分でこの3つの中から選ぶようにしているのですが、どれもめちゃくちゃ美味しいです。

コーラとかめはめ波はほぼ同率なのですが、個別レビューでも書いた通りの理由から常飲性が少しだけ高いので上の順位にしています。

皆さんも困ったときはこの3点セットで購入してみて下さい。

ワーストランキング

  1. すっきリンゴ風味
  2. めろめろメロン風味
  3. 初恋のいちご風味

参考までにワーストランキングも載せておきます。

あくまで私の好みも含まれているのでご了承ください。

リンゴ味はとにかく合成っぽいリンゴの風味が私には受け付けなかったです。

メロンといちごは共通して、再現性が高いゆえに悪い部分まで再現されたというのが大きなマイナスポイントです。

もっと人工的な美味しさを追求した方がいい気がします。

おそらくそれが難しいのでしょうが。

さいごに

以上、ビーレジェンドプロテインのレギュラーフレーバー全種類のレビューでした。

途中でも少し書いてますが、一種類だけを常に飲み続けるのではなく、タイプの違う2~3種類のフレーバーをその日の気分によって飲み分けるというのがオススメです。

そうすれば飽きも来ないですし、いろんなバリエーションを楽しめます。

ぜひ皆さんもこちらを参考にして、自分に合ったビーレジェンドのプロテインを見つけて下さい。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

フォローする